インプラント治療の体への影響について

インプラントに興味があるという人は増えてきています。
しかし、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む治療法であり、自分の体に異物を埋め込むことに不安を感じる人は多いのではないでしょうか。

2ちゃんねるをご提案いたします。

インプラントの体への影響について説明します。


インプラントで使用される人工歯根にはチタンという金属が使用されています。
チタンは医療において昔から使用されている金属であり、その安全性が証明されています。
骨折などの際に骨を固定するプレートや人工心臓の部品などにも使用されていますが、人体の拒否反応やアレルギー反応は見られていません。


つまり多くの医療の症例によって安全性が証明されている金属ということができます。



また鉄などのようにチタンはさびることがありません。
長期間使用しても劣化することがないので長く使用することができるというメリットがあります。


体が拒否反応を起こさないだけでなく、あごの骨と人工歯根とは数ヶ月たつとしっかりと結合します。
強い固定力を発揮することができることから、食事の際に強く噛むことができるようになります。
人工歯根の上にかぶせる上部構造にはセラミックが使用されることが多いです。



セラミックは陶器のような材料であり、非常に強度が強いものです。
そのため、そう簡単に破損したりして問題になることはありません。

もちろんアレルギーなどの原因になることもありません。

セラミックは汚れがつきにくく清潔を保ちやすいというメリットがあります。

関連リンク

インプラントの寿命を延ばす方法


インプラントは、失った歯の代わりに埋め込まれ、失った歯の治療法の中では一番天然の歯に近い治療法です。その寿命は、それ自体が腐ったり、溶けたりしないため、手入れ次第では半永久的に使うことができます。...

インプラント治療の体への影響について


インプラントに興味があるという人は増えてきています。しかし、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む治療法であり、自分の体に異物を埋め込むことに不安を感じる人は多いのではないでしょうか。...