インプラントの寿命を延ばす方法

インプラントは、失った歯の代わりに埋め込まれ、失った歯の治療法の中では一番天然の歯に近い治療法です。その寿命は、それ自体が腐ったり、溶けたりしないため、手入れ次第では半永久的に使うことができます。
しかし、手入れを怠ってしまうと、虫歯にはなりませんが、歯周炎や歯周病などになってしまう可能性があります。

47NEWSを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

インプラントの寿命を延ばすためには、まず正しい口腔ケアが大切となるため、歯磨きはより丁寧に行うことが大切です。



次に、定期的なクリーニングを行うことも大切です。
綺麗に磨けているつもりであっても、歯磨きだけでは歯周病や歯周炎を防ぐことはできないため、歯医者での定期的なクリーニングを行い、歯磨きでは取ることができない歯石などを取り除くことができます。
また、歯磨きの指導を受けることも有効です。歯磨きは歯ブラシだけではなく、歯間ブラシなども利用するとより綺麗に磨くことができます。

インプラントの定期健診では、インプラントは歯根膜と呼ばれるクッションの役割をするものがないため、一部の歯が強く当たって磨り減りや欠けたりする原因となってしまうため、定期的な噛み合わせの状態を確認してもらうことが大切です。



歯軋りが強い人も付加が強いと割れたり欠けたりすることがあるため、歯軋りが強い人はマウスピースを使用することが必要となります。


骨粗しょう症や糖尿病といった病気は、顎の骨も溶かしてしまうため、そういった病気にならないようにすることも大切です。

関連リンク

インプラントの寿命を延ばす方法


インプラントは、失った歯の代わりに埋め込まれ、失った歯の治療法の中では一番天然の歯に近い治療法です。その寿命は、それ自体が腐ったり、溶けたりしないため、手入れ次第では半永久的に使うことができます。...

インプラント治療の体への影響について


インプラントに興味があるという人は増えてきています。しかし、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む治療法であり、自分の体に異物を埋め込むことに不安を感じる人は多いのではないでしょうか。...