歯医者がマイクロスコープを導入するメリット

歯科治療では肉眼のみを頼って治療することは精度を下げると言われています。
それだけ歯科治療は細かい世界であることが分かります。


そのため、歯医者ではマイクロスコープを導入する医院が増えてきました。マイクロスコープは歯科顕微鏡のことを指しています。

患部を最大で20倍程度で見られるため、細かい世界の歯科治療においても重宝されています。
しかし、マイクロスコープによる治療は自費治療の対象となってしまい高額な治療費になってしまっていました。
精度の高い治療は望めても患者の負担が大きいためあまり支持されていなかった時もあります。

近年、それが少しずつ変化してきています。


保険内治療においてもマイクロスコープを導入する歯医者が増加してきました。
それにより負担が少ない中でも制度の高い歯科治療を受けられるようになってきました。


視野拡大は全ての治療精度を向上させます。

つめ物の形成や根管治療、歯周病治療の精度も飛躍的に向上します。

47NEWSについて知りたいならこのサイトです。

痛みといった患者の負担となる部分も軽減することが可能になってきました。
実情として導入している歯医者はまだまだ多くはありませんが、徐々に浸透してきています。治療を受けられる方で導入の有無によって歯医者選びを行うケースも増加してきています。



マイクロスコープによる歯科治療は患者の方にとって安心で精度の高い治療を提供することが可能になっています。



そのため、導入する歯医者は今後も増加していくことが予想されます。

関連リンク

インプラントの寿命を延ばす方法


インプラントは、失った歯の代わりに埋め込まれ、失った歯の治療法の中では一番天然の歯に近い治療法です。その寿命は、それ自体が腐ったり、溶けたりしないため、手入れ次第では半永久的に使うことができます。...

インプラント治療の体への影響について


インプラントに興味があるという人は増えてきています。しかし、インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む治療法であり、自分の体に異物を埋め込むことに不安を感じる人は多いのではないでしょうか。...